プリント基板(銅張積層板)は、表面に多数の電子部品を搭載した後に部品間をパターン配線で接続して電気や電子の回路を構成する基板の一種です。
ゲーム機や電化製品などの内部に、緑色の板状部品あることは多くの方が知っているかと思います。
その緑色の板が、プリント基板と呼ばれるものです。
構造は複雑そうに見えますが、板そのものは導体材料と絶縁体材料だけの単純構成となっています。

プリント基板には、配線板と回路板の2種類が存在します。
配線板はプリント配線板と呼ばれ、英語ではPWB(printedwiringboard)と言います。
絶縁体で作られた板の上や内部に導体配線が施されており、電子部品に取り付ける(はんだ付けをする)前の状態にあるものです。

回路板はプリント回路板と呼ばれ、英語ではPCB(printedcircuitboard)と言います。
電子部品に取り付け(はんだ付け)されて電子回路として動作するようになったもので、電気製品における主要部品の1つになります。
さらにプリント基板には細かな分類が存在します。
規格によって分け方は多少異なりますが、基本的な分類の種類は基板内の導体層数で決まります。

プリント基板導体層数が1つのものを1層基板と言い、絶縁板の片面にだけ導体パターンが形成されています。
その形状から、片面板とも呼ばれます。
配線が交差するような複雑な回路を構成することはできませんが、コストを低く抑えることは可能です。

導体層数が2つのものは2層基板と言い、絶縁板の両面に導体パターンがあります。
その形状から、両面板とも呼ばれます。
両面配線により立体交差が可能なため、片面板(1層基板)より密度の高い配線ができます。
両面の導体を接続するために、基板製造の工程で穴の中にメッキを行います。

より層の多いものは、総じて多層基板と呼ばれます。
絶縁板の外部と内部にパターン形成した基板で、両面板を重ねる形で増やしていくため層数は2ずつ増えます。
たとえば、2層基板の次は3層ではなく4層基板であり、4層の次は6層となります。

4層基板は両面にパターンがあり、更にその基板内部にも2層のパターンがあります。
6層基板は両面にパターンがあり、更にその内部に4層のパターンが存在します。
8層基板は両面2層と内部6層、10層基板は両面2層と内部8層といったように、両面の内部に層が増えていきます。

一般的には4層基板・6層基板・8層基板がよく用いられますが、より複雑な回路にできる10層基板や12層基板も現代には欠かせません。
また、12層基板以上の層数を持つものもあります。
会社により製造可能な基板の種類や層数は異なりますが、層数は20層まで可能なところが多いです。

プリント基板が必要になった場合はどこで購入できるの?

会社・個人問わず、電気系統の開発や機械を製作した際にプリント基板が必要になることもあるでしょう。
しかし、プリント基板は街のホームセンターなどに売っていたり、作ってもらえるようなものではありません。
そのような場合は、インターネットの通販サイトで簡単に購入することができます。
プリント基板の見積依頼ができるサイトもあるため、安心して購入することができるでしょう。

  • キーボード
    2019.08.08

    FR-1基材は、耐熱性紙基材とフェノール樹脂で成り立つ紙フェノール基板(紙フェノール樹脂銅張積層板)です。アメ...

  • FR-2基材について解説する女性
    2019.08.20

    FR-2基材(JIS規格の名称PP3F)はFR-1と同じく、耐熱性紙基材とフェノール樹脂で成り立つ紙フェノール...

  • FR-3基材について解説する男性
    2019.09.19

    FR-3基材(JIS規格の名称PE1F)は、耐熱性紙基材とエポキシ樹脂を原料とする紙エポキシ基板(紙エポキシ樹...